yui88chの日記

パニック障害になって考えたこと

朝起きて気になること

わたしは、朝起きてテレビがついていると、なるべく見たり聞いたりしないようにしています。(内容によっては、凄く動揺してしまうから)

朝の番組はニュースがほとんとで、その情報をいきなりあたまの中に入れたくない。

もう一つは失礼だと思いますが、テレビの中で話している人達の声が【脳にひびいて】うるさく感じてしまいます。

家族がテレビをつけて見ていますので、それに対して文句を言うことは出来ません。

自分がそう感じるだけで、他の人は見たいのですから…

ただ私は、朝起きてから会社に出かけるまで結構忙しく、頭の中は「家を出るのが遅れないように」と、

そのことでいっぱいになっていますので、あまりテレビからの情報は入ってきませんが、聞かないようにと思うと余計気持ちがテレビの方に行ってしまうことがあります。

不思議なもので、知りたく無いことに関しては、何事にも自然と注意がそちらに向いてしまい困ることが多いです。ಠ⁠︵⁠ಠ

普段生活している中で全てを受け入れることはありませんが、これは誰にでも多少はあるのかなと感じます。

見たくないものや聞きたくないことがあると、どうしても気持ちがそちらに行ってしまう…

朝からどうしても体調の悪い時、通勤の電車の中で目を閉じて 、自分なりの呼吸をして過ぎ去るのを待つ。

その時は頭の中で色々と思い浮かび、過去の思い出や、今悩んでいること「あの時はよかったなあ。あれから何年が経ったのだろう。その間じぶんはどう過ごしていたんだろう」とか、

自分が家族や他人に嫌な態度をとったりした時を思い出して悔やんでしまい、楽しかったことは、ほとんど出てきません。そん、な状態で電車に揺られています。(⁠╯⁠︵⁠╰⁠,⁠)

そうしてるあいだに降車駅に着き、気持ちの沈んだ状態でホームを歩いて改札を出て、だらだらと歩いて会社に向かいます。

また、調子が悪い時に雨が降っていると最悪です。

足元の水ハネが気になり、濡れないようにと緊張し、そんな時は必ず背中を丸めた前傾姿勢で歩いています。「また背筋が伸びてないな」わかっているのだけれど

朝から雨が降っていれば長靴で行きますが、途中から雨が強くなってきた時、スニーカーですと靴下までびしょびしょになり、泣きたい気分で会社に向かいます。

職場には変えの靴下は置いてありますし、作業靴ですので、そのままびしょびしょの状態で過ごすことはありません。

しかし靴は帰りも渇いていませんので気持ちは悪いです。これは私だけではないと思います が?

それと濡れてしまったスニーカーは乾いても匂いますので、私はその場合思い切ってお風呂に入る時に洗ってしまいます。

潔癖症なのですごく嫌なのですが、まだ履ける靴を毎回嫌なにおいで履くのは辛いですから。

洗い方としては、最初に靴を排水溝の近くに置き、熱めのシャワーで靴の底を飛び散らないように入念に流します。

その時靴の裏に何かついていて取れないと最悪です。爪楊枝などを用意しておいて取ることもあり、そのゴミをすぐに捨てられるよう袋も用意しておきます。

そして、まず酸素系漂白剤をブラシにつけ、靴の底をごしごしと隙間に沿って洗い、そして周りに飛び散らないように洗い流します。

その後スポンジ(使い古したもの)に少しだけ洗濯用の洗剤をつけ、後は普通の石鹸を泡立つぐらいにして、まず靴の中を洗い、そして再度石鹸をつけて、外側を泡立つぐらいに、(靴の中と外側は、ブラシよりスポンジの方が泡立ちが良いのでそうしています)最後にもう一度靴の裏をスポンジで泡立てて洗い、靴の中から順番にシャワーで一気に洗い流します。そして用意していた洗面器に靴を入れ、お風呂から出た後に脱水をかけ干します。

ポイントはとにかく靴の裏をまず最初に綺麗に洗い流す。

自分の【はからい行為】としてそれで安心できます。

除菌力は分かりませんが、スポンジに石鹸をつけますと、すごくよく泡立ち、すすぎが簡単にできますのでこの方法にしています。

まあ年間にあっても2〜3回ぐらいなので、洗わないで履いているよりは、乾いてから履きますとさっぱりして気持ちがいいです。

話がだいぶそれてしまいましたが、朝起きてからの音。テレビから聞こえてくる声。

調子の悪い日の通勤。

これらをなんとかかわして、1日の始まりを乗り越えるそのような日々が多くあります。