yui88chの日記

パニック障害になって考えたこと

とにかく音が怖い

正直なところ、年末年始の休みは、何をして過ごしていたのか、ほとんど今は全く覚えていません。ただ二つだけ覚えている事がありました。

一つは、家族でアミューズメント施設に行った事です。

普段は普通に楽しく遊べる所ですが、その日は、

耳に入ってくる音が、頭の中をガンガンと叩くような感じがし、私にとっては騒音でしかありませんでした。

そのような状態の中で、とても長くいられるわけがありませんでした。

私はなるべく音の静かな場所を探して、ずっとそこにいました。

時間も経って帰ろうとしましたが、家族と連絡が取れず

「どこに行ってしまったんだろう、何かあったのか」と、悪い方に考えてしまい疲れ果てました。

結局家族は、楽しく夢中に遊んでいて連絡に気づいていなかった。 

と言う事です...

【このように、なんでもない事が、私にとっては不安と恐れの気持ちでしかありませんでした】

もう一つは、前に住んでいた所の、私の子供達の、友達家族が、毎年お正月に遊びに来てくれる事です。

いっぱい料理が出ますが、全く食べられませんでした。

変に気を使われるのも嫌だったので、無理に口の中に入れ、飲み込んだ記憶があります。

みんなが楽しくしている時、私は外に出て携帯電話から、最初に行った病院に電話をして、「なんとか薬を下さい」と、お願いしました。

しかし夜遅いと言う事と、主治医の先生がいないという理由で、「すみませんが、処方箋が書けないので無理です」と、断られてしまい、どうする事も出来ず途方に暮れてしまいました。

確かに、そんなに簡単に、薬はもらえないですよね。

そしてうつ状態がますますひどくなりました。