yui88chの日記

パニック障害になって考えたこと

仕事でミスをしてしまいました

一昨日の新社長就任挨拶。朝家を出るとき、今日は平常心で仕事ができるようにと願って会社に向かいました。

新社長は、午後2時頃いらっしゃる予定でしたので少し不安でした。

なぜなら昼食後、しばらくしてから事務所に集まらなくてはいけない状態でしたので、話の途中お腹が痛くならないか、そう考えてると、やはり平常心ではいられませんでした。

時間近くになり心配でしたので、念のため抗不安剤を服用してから席に着きました。このような話しの場は、初めてでしたので当然緊張しました。

いらした方は、新社長のほか相手先の銀行の方で、新社長が主導ではなく、銀行の方が色々と説明などをされ、内容はやはり今後業績を伸ばしていくには…そのようなお話でした。

私の30、31日の仕事の取り組みは良くなかったです。頭の中は親会社のことや、今後私自身がどうしていくか、また今の状況がどうなっていくのか、相変わらず物事を悪い方に考えながら仕事をしていました。

「ミスのないように注意して作業して行こう」その気持ちで仕事をしていましたが、今まで全くしたことのないようなミスをしてしまい、目の前が真っ白になる状態で上司に報告しに行きました。今回のミスは私一人でしてしまったわけではないのですが、今やらなくてはいけないことに集中できず、先のことばかりを考えてしまった結果でした。

私の上司は、パニック障害や、うつに対してすごく理解のある方で、「今回は他の社員もちょこちょこミスをしている。会社がこういう時期だから仕方がない。落ち込まないで先に進んで行こう」

とてもありがたい言葉をいただきました。

そしてこのミスは大ごとにはならなかったが、どこからか「心配ばかりしていないで、今与えられた仕事をしっかりやれ」

誰かがそう言っているように感じ、気を取り直して一時的に不安を取り除きました。

今日は昼休みも仕事をしていましたので、帰ってきて少し寝てしまったので、なかなか寝ることができませんが、朝会社に行ったら、集中して仕事に取り組む。それができるか試してみます。

猫背がひどくなるとき

背筋を伸ばし、胸を張って生活することなど全くない日々の中で…

普段から猫背なのに、その時は背中が丸くなるだけではなく、腰のあたりから前かがみになり、立って歩くことさえめんどくさく、気分がすごく落ち込み、頭の中は不安と恐怖が入り乱れ、すごく嫌な状態に…

ここ一週間ほどそんなつらい状態が続き、どこかに消えてしまいたいと思うほどです。

この症状は、【自分自身の過剰な反応】からくるもので、今までの人生で、数え切れないほど起こっています。

今回その原因の主は、明日新しい社長が就任の挨拶に来られるからです。会社は株式譲渡という形で、私たち社員は今後も継続して働けることになりましたが、

やはりこの先の仕事内容がどのようになるのか、どんな話があるのか、とても不安です。

どうなっても覚悟はできていたつもりだったのですが。

数日前から上司が、新社長を迎えるにあたって、会社内の掃除を始めていて、そのような行動に対して敏感に反応してしまう私は、自分の周辺をきちんと整理整頓しておかなくてはと、

頭の中がいっぱいになり、仕事に集中できなく焦ってしまいます。そんなに散らかっているわけでもないのですが…

ここ数年のあいだ私は、色々なことで【環境が変化することがすごく怖く】、不安になってしまい(例えば、家の近くの空き地に何か出来る。マンションか?お店なのか?出来たらどう変わるのか)

“なんで?そんなことで?どうして?”と、多くの人には理解出来ないと思うことに対して、不安を感じ、勝手に悪いほうに想像して怖くなってしまう。

自分に追いつめられてしまう。

世の中はつねに変わっていく。でも自分の周りの世界が変わっていくのが不安で…

うつ状態がひどくなるにつれて、頭の中も、身体の姿勢も変わってしまうときが、たびたびあります。

来るか来ないかわからない明日、来てから判断すればよいことなのに…

何日も前からそのことにとらわれてしまい、とても疲れてしまう毎日です。

 

 

歯磨きしないと!

夕食後お風呂に入ってから、とにかく座ってテレビやスマホを見ながら、【くた〜っと】したい。もう動きたくない。しかし、これをしてしまうと夜寝るのが遅くなってしまいます。

このまま動かないと、歯みがき、ヒゲ剃り、布団敷き、次の日に着る服の用意など、寝る直前にやることが多くなってしまう。

特に歯磨きは、1日1回夜だけですので、綺麗に磨けるよう10分ほど時間をかけてよく磨きます。

その時間がとても面倒です。また何故か急に、部屋の散らかっている物が気になり片付け始める。

【たくさん時間があったのに】

(。•́︿•̀。)

そして最後に鍵、水道の蛇口、ガス栓の確認(これをやらないと…)

昨夜は座ってボーッとする前に、行動をおこして歯磨きを決行。

「やっておいて良かった〜」結果は寝る前にわかりました。

どうしても、めんどうなことは後回しにしてしまいますが、嫌なことは、気がついたときに早めに決断し、やってしまえば後になって楽です。

最近は布団に入る時間も午前0時を過ぎる日が少なくなり、気分的に良くなりましたが、まだ意味もなく、だらだらと起きている日があります。

それがなくなれば、朝がもう少し気持ちよく起きれて、絶望感も減るかも知れませんが、とりあえず徐々に慣らしていければ…

話は変わりますが、お盆休みは近所のスーパーに買い物をしに行くだけで、それ以外はほとんど家で座ってばかり。

動かなすぎて嫌な思いをしまた。

6日間の休みで、あと残り2日。

朝起きたら腰が痛くなり、ぎっくり腰の一歩手前でした。

連休の時など、会社に行く前日くらいで腰が痛くなることがたまにあります。

「なぜかな?」と、考えていましたが

今回わかった気がします。

お尻が前に出て、腰で座る感じ、それが胃を圧迫する。そんな座り方でほとんどそこから動かない。

ずっと前から、腰痛と痔持ちの状態で悩んでいる私にとって、座っている姿勢がよくないことが、今回あらためてわかりました。

先週の金曜日に近くの接骨院に行きましたが、そのとき先生から【腹圧。お腹をぐっとしめる感じ?】という、今までに聞いたことがない説明をうけました。

インターネットで調べてみましたら結構載っていて、メリット、デメリットは有るようですが試しています。

色々とやることはいっぱいありますが、

最近少し自分自身に追い込まれていますので、やれることはやらないと。

 

 

私がなっている痔のお話し

始めに、お尻のことに関するお話ですので、嫌でしたらお控えください。(˘・_・˘)

いつ頃からかと言いますと、記憶では20年以上前からだったと思います。症状としましては切れ痔です。(。•́︿•̀。)

私は下痢をしてしまうタイプで、凄くいきんでしまい長時間トイレに入っている状態です。

それは出ても出なくてもとにかく、出しきりたい。そして安心して外出し、外では出来るだけお腹のことでトイレには入りたくない。

切れ痔に関してはたぶん、下痢が原因でなったのだと思います。無理していきみすぎて、肛門の外側の一部の皮膚が弱くなり切れてしまい、ちょっとしたことで出血します。

出血後はトイレに流しても大丈夫なタイプのおしりふきでグッと押し込みますと、出血は止まります。トイレットペーパーではすぐに破けてしまい無理でした。

このやり方は聞いた話ですと、圧迫止血と同じ感じで、不思議と全く血が出なくなります。

このように何度も繰り返していますので、本来でしたらお医者さんに行った方がいいのですが、症状的には出血しをない時も結構ありますし、場所が場所だけに行くことを考えてしまいます。

お盆休みが6日ほどありますので、この休みの間に症状をできるだけき抑えようと薬局で坐薬を買いチャレンジしました。

以前は座薬を3回ほど使うとお尻が痒くなってしまい、使い続けることが難しく、薬剤師さんにお尋ねしたところ、やはりお医者さんに行った方が良いと言われました。

ただ今回、もう一度違うメーカーの座薬を買って注入したところ、何日か経ってもかゆみがなく良かったのですが、なぜか不思議とお腹が張り便意を催してトイレに行きますが出ません。

そこでまた、いきんでしまい無駄な出血。そしてそれの繰り返しが続き、坐薬では駄目かと思い塗る薬を買いました。

塗る薬でも、以前はかぶれてしまいましたが、もう一度チャレンジして塗ってみました。

まだ3、4回しか塗っておりませんが痒みもなく、改めて薬剤師さんにお聞きしたところ、外側の痔の場合はやはり軟膏を使用した方が良いらしいので、少しこのまま続けて行きたいと思います。

痔の薬でも軟膏、注入剤、座薬、飲み薬もありますが、症状に合わせて使用しないと効き目が薄れてしまうことに今回気づきました。まだ使用初期の段階ですので、この先どうなるか分かりませんがしばらく軟膏で試していきたいと思います。

そして普段の生活では、

  • 無理に長くいきまない。(特に休みで一日中、家にいるとき)
  • そしてトイレはできるだけ早めに出る。
  • 油分が無くなってしまうのでお尻を洗いすぎない、必要以上に拭きすぎない。
  • 長時間、肛門に負担がかかる座り方をしない。
  • 肛門を締める運動をする。

どうしても座椅子などに座っていてテレビを見ていますと、どんどんお尻が前の方に行き少し寝そべるような感じになってしまいます。そこで負担がかかってしまう。

色々調べてみましたが、座り方は痔持ちの私にとって大事であるのがわかりました。

【きちんと座る】これは胃を圧迫しない事にもなるのかな…

それと食べ物や飲み物の量も、

  • お腹いっぱいになるほど食べるのを、止める。腹八分目と言いますが、その通りだなと最近思います。
  • 自分の胃腸に合わない食べ物、飲み物を控える。(これは人それぞれ食材等違うと思いますので、ご自身に合わないものですね)

最近意識して夜食べる量減らしたところ、朝のトイレが少し楽になりました。今まではとにかく夜お腹いっぱい食べてましたので、消化に負担がかかっていたのかもしれません。なかなか難しい体質なため嫌になってしまいますが、意識して行わなければ……

自分が困りますから•́ ‿ ,•̀

高校野球甲子園が無事におわりますように

私は子供の頃から高校野球が大好きでよくテレビで見ていました。試合自体も好きなのですが、都道府県別に甲子園に出場している学校を調べたり、歴代優勝校を調べるのも好きです。

また大会が始まると、私の地元から出場した高校や、出場した中で好きなチーム、親が生まれた地域の高校などを応援してしまいます。

私の子供の頃は商業高校全盛時代だったと思います。私立の学校も結構出ていましたが、当時は商業や、工業の学校が強かったです。その後徐々に私立の学校が甲子園に出場して、強豪と呼ばれる学校もたくさん出てきました。それから年々、公立学校の出場は減って、特に商業高校もなかなか姿を現さなくなり、時代の変化を感じます。

私の子供も、公立高校で硬式野球をやっていましたが、部活動はほとんど休みがなく、朝練から、授業が終わると、夕方遅くまで練習をしていました。ですから家での会話は野球の話ばかりで、勉強の話などした記憶がありませんでした。

特に強豪校というわけではありませんでしたが、野球に力を入れていた学校でしたので、息子は野球をする為に学校に行っていた感じでした。

それでも練習試合や公式戦で、甲子園に何度も出場した学校と対戦した時は、打球のスピードの違い、守備の上手さ、ピッチャーが投げるボールのキレの良さ、全てが凄すぎて息子も私もびっくりしていました。

後で調べてみますと、中学時代に有名な硬式野球チームのレギュラーで頑張っていた選手達でした。

また、私はその頃パニック障害ではありましたが、子供の練習試合を見に行く楽しみや、公式戦での試合の楽しみ、またお世話になった中学時代のチームの審判活動など、やりがいがありましたので、薬を飲みながらでも充実した毎日を送っていました。

また高校で野球部父母会の係もやっていましたので、朝早く起きて遠くまで試合を見に行くこともよくありました。(基本的に、安全安心を確保するために一般道で行ってましたので、すごく時間がかかりました)(。•́︿•̀。)

しかしその時は、うつの状態は全くありませんでした。それは、野球をやっていた息子を追い掛けていて、希望があったからかもしれません。

 

話を現在の高校野球に戻しますと、私立高校の野球部が日本中から選手を集めていることが話題になっています。

これは今に始まった話しではないと思います。特待生問題で、学校の野球部が自粛してしまった学校も前にあったと思います。

野球部を強くするために日本各地から良い選手を集める。私もちょっとやり過ぎかなと言う思いはありますが、これは会社で言う企業努力。世界中から良い人材を集め、有名な会社にしていく。名前はその国の企業でも、従業員は世界各地の人達…

私立学校も、生徒を集めなければ経営が成り立たない。その中でも高校野球は、全国放送で学校紹介もしてもらえる。

野球があまり詳しくない人でも、「うちの高校が甲子園に行った」帰ってくる言葉は、ほとんどが「すごいね、どこの高校?」野球で、という言葉が入っていなくても、甲子園だけでもわかる人は多いと思います。

そうなれば強くして、各地区の代表になり、甲子園で学校の名前を呼んでもらえれば最高の宣伝になりますね。

またユニフォームの胸にも直接学校の名前をわかりやすく付ける、いいやり方だなと思います。

いつでしたか、甲子園出場を決めた高校が、予選の時に着ていたユニフォームが、胸にローマ字で、一文字でしたが、甲子園に出てから試合を見てびっくりしました。

漢字で胸に学校名が書かれていました。「そりゃそうだよな見てすぐ分かるもね、さすがだな」

また創部数年目で甲子園に出た学校が地元で有名になり、その後生徒が集まり地元に定着して学校が成り立っている。それはそれで学校として良い方法ですね。

今は高校野球以外、大学を含む学生スポーツでも、とにかくスポーツに力を入れている学校が多くなりました。私は高校野球は、地元の選手達が各地域を代表するのが一番いいと思っています。

しかし生徒たち(子供達)はどうでしょう?

よく話題になりますが、保護者の元を離れて遠くの学校へ一人で行き寮生活をする。大変ですね。息子の少年野球のチームメイトだった子も遠くの高校に入って、頑張って野球をやりながら卒業しました。

楽しいこともいっぱいあるでしょうが、苦しくて辛いこともたくさんあると思います。一部の学校が強くなる、一つの学校が何年連続出場なんてつまらない。

しかし野球のワールドベースボールクラシック第1回大会で日本が優勝した時、決勝の相手は韓国代表チームでした。私の知る限り韓国では、高校で野球をやっている学校は日本と比べたらすごく少ないと聞きました。

そこに優秀な生徒を集め強くする。その時からですが、私はやはり国際大会など色々なスポーツで、日本が良い成績を残してほしい。優勝を狙えるスポーツは優勝してほしい。日本の高校野球や他のスポーツでも、凄く力を入れている学校があってもいいのではないかと WBC の時見ていて思いました。

特別な規定が決まらない限り、私は文句を言うのはこれからはやめようと思います。強すぎる学校(チーム)があるのが嫌だったら、もっと強い学校(チーム)を作ればいいだけの話ではないでしょうか?

常連校を打ち負かして色々な学校が出てくる事を楽しみに、高校野球や他のスポーツも見て行きたいです。

また高校野球は甲子園だけではなく、確か、これから地方大会の新人戦も始まる時期でもあります。(•‿•)

会社をたたみます

今から4年前に社長から言われた言葉です。「とうとう来たか!」ある程度覚悟はしていましたが……当時私は、うつの症状は全く無く、年齢的に仕事探しは大変ですが、少し前向きにとらえていました。

役員、従業員合わせて10名程の印刷会社ですが、約20年以上前から業績は下降線をたどっていて、ここまでよく持ったなと言う思いが強かったです。

その後別の役員の方から言われたのですが、「従業員の給料を2割カットしなければやっていけないけど、それで良ければこの先も我々でやっていこう」パニック障害もあり、また年齢的にも転職する事は現実として厳しい為、残るしかない。私はそう決断しました。

いつ、どこから話が違って来たのか分かりませんが、後日社長の気持ちが変わり、ご自身が社長をそのまま続けて行く方向になり、少し安心しました。

多分給料2割カットの話を聞いて(社員がその話に納得したと思ったのでしょう)考えが変わったのだと思います。そしてカットされた分は賞与で少し補えるという話でしたが、現実的にはこの4年間で頂いた賞与は、カットされた10分の1まで行かないくらいでした。

賞与に関しては、もう20年近く減り続けて全く出ない年もありました。しかし会社に対して給料の不満など思うことはありませんでした。私は工場勤務ですが不満があるなら、会社と相談して、営業の方達を補助すれば良いわけですから。

そして今年の7月に再度、社長からお話がありました。今回は会社を身売りする方向で話が進んでいて、決まり次第売却との話しでした。本当であれば4年前に大変なことになっていたのに、社長も80代になるまでよくやってくださいました。

今後は、今のシステムからどうなるか?業績が上がらなければ人を減らすことも先方次第。役員の一人は反対をしていますが、多分近々契約という形になる感じです。私が50代後半で一番若いのですが…この4年間の年月で嘱託社員になられた方は今回の話しをどのように思われているのか?

今まで30年、身体にしみ混んだ私自身の仕事内容を、多分変えて行かなくてはならないのでしょう。しかし今は働けるだけでもありがたいです。

今回、社長のお話とこれからの会社の状態では、まだ数パーセントではありますが、会社をたたむ可能性もあります。

ここ数年間、パニック障害とうつの状態を見ますと、もし会社をたたんでしまった場合、今後正社員での雇用は難しいかもしれません。また父親が、長期間病院に入院しているため何かあった時に呼ばれたりします。それを考えても厳しい現実があります。その時はアルバイトや契約社員の道も考えています。

うつ状態になってから確かにお金は大事なのですが、なんとか生きていく事、それが一番頭の中にあります。一日の生活で、気分の変動や強迫観念など不安定な状態ではありますが、今は生きていたいです。 大丈夫です。

お盆休みに入りましたが、休み明けどのような話が出るのか、しばらく話は無いのか?

休みに入ったからなのか、今は家で冷静に過ごしています。台風の音が気になりますが

(˘・_・˘)

最近また少し音に敏感になってきました。嫌な感じです。

しかし仕事のことは、深く考え込まないようにしないと。

続けられるよう頑張ってみる

身体の調子を少しだけでも良くしようと、自分なりに考え、なおかつ無理なく生活の一部に取り入れ、できる範囲で毎日継続していきたい。

身体を鍛える。

例えば腕立て伏せ、腹筋。これならば場所さえあれば何処でも出来ます。

歳を重ねてくると、腕の力が弱くなり、お腹周りだけに脂肪が付いて、なかなか取れない。それと脚力がビックリするくらい落ちました。

一番わかり易いのが、駅の階段を上がる時です。5、6年前は一段飛ばしで上がれたのが、今は階段を上がりきるのがやっとの状態です。

太ももを上げるのが辛い、角度によって膝(お皿の上と下あたり)にピリッと痛みがはしる。階段を下りる時は痛くないのですが…

数年前、9月のシルバーウィークの時に、いきなり毎日2,3キロ走ってから膝が痛くなりました。歩いている時は全然大丈夫なのてすが。

あの時、ウオーキングから始めていればどうだったのか…?

調子にのると、ろくなことがないです。•́ ‿ ,•̀

朝散歩。朝は苦手なので、少し涼しくなったら休みの日に歩くか、会社に行く時を朝散歩にして呼吸を整えて歩く。駅から会社までは約7、8分で着きます。

少し短いですが、とても歩きやすい歩道で、今の私にとってはちょうどいい距離なのかもしれません。【続けられなければ】と、考えたら会社へ行く時が一番合っています。

私は以前、呼吸法や猫背矯正と一緒に、胃を伸ばす事を、継続的にやろうと思いましたが出来きませんでした。

しかし気がついた時におこなっています。歩く時には、リズミカルに、いっちにぃと、これも気付いた時。(今までは)

今はパニック障害よりも、うつのほうが酷いので、薬だけに頼らず、うつを軽減させるようにしなければと焦る。

しかし続かない、そしてまた焦ってしまう。毎日その繰り返しです。危機感はありますが、少し良くなると(例えば、夜になると)油断してしまいます。

何かやらなければと焦り、それに【とらわれてしまう】だったら、やってみないと進まない。

先ほどの続きですが、私にとって胃を伸ばすのは気持ちがいいです。腰を反らさずに胸を張る感じです。猫背矯正と一石二鳥。

あまり意識をしすぎますと腰を反ってしまいますので注意が必要です。(腰を反らしても大丈夫な人は関係ないですね)それと毎日気づいた時に、肩甲骨を背骨に引き寄せて、頭をかるく後ろに倒す。

ストレートネック予防として、自分なりに良いと思ってやっています。

それと最近調べて取り入れたことが、目を開けて景色をきちんと見ながらゆっくり首を左右に動かす。私は、めまいはおこらないですが、対策としてやっています。

気温の高い日が続き、呼吸も浅くなっています。姿勢も背中が丸まっています。

しかし天気には逆らえません。とにかく熱中症にはならないよう、気をつけて生活していきたいです。